ハイキング

ハイキング部 冬山合宿


2017冬山合宿


大展望の鷹ノ巣山
-2017冬山合宿-

日付
2017年12月24日(日)-12月25日(月)

山域

奥多摩 鷹ノ巣山 七ツ石山


アプローチ(西武秩父基点)

往路  西武秩父(5:02)=(西武線 410円)=(5:46)東飯能(5:51)=(JR八高線 840円)
    =(6:11)拝島(6:16)=(青梅線)=(6:34)青梅(6:35)=(7:18)
    奥多摩(7:27)=(西東京バス 460円)=(7:54)東日原
復路  留浦(11:47)=(西東京バス 630円)=(12:22)奥多摩(12:32)=(JR青梅線 840円)=
    (13:05)青梅(13:07)=(13:25)拝島(13:31)=(13:50)東飯能(14:16)
    =(西武線 410円)=(15:02)西武秩父


ルート

12/24
  東日原(8:10)-稲村岩(9:40-9:45)-小休止(10:47-10:57)-昼飯食いタワ(12:17-12:27)
  -鷹ノ巣山(13:08-13:21)-鷹ノ巣避難小屋(13:39)
12/25
   鷹ノ巣避難小屋(6:30)-日陰名栗山展望地(6:54-7:09)-千本ツツジ先展望地(8:01-8:11)
   -七ツ石山(8:38-8:58)-七ツ石小屋(9:16)-堂所(9:51-9:58)
  -1115メートル付近水場(10:16-10:23) -留浦バス停(11:41)
  ルート地図

山行内容

 ハイキング部は、冬の展望を求めて、鷹ノ巣山に行ってきました。
 東日原からの急な登りはなかなか苦しいものでしたが、鷹ノ巣山に着くと、大展望が広がりました。
 低気圧が近づいていましたが、まだ晴れていて、富士山や南アルプスがよく見えました。
 夜半にみぞれが降りましたが、明け方にはあがって、快晴になりました。
 日陰名栗山でご来光を迎えましたが、赤く染まる富士山を見ることができました。
 七ツ石山でも純白の富士山を望むことができ、石尾根縦走路からはずっと富士山を見ながら歩くことができました。

部員の感想

 八ヶ岳連峰以来の激坂がありましたが、「歩けばいづれは山頂だ」と思いながら登頂。
 キツかったけれど、その先には、霊峰富士という名の絶景が待っていました。
 忘れることのない、思い出に残る山行でした。日本人だなぁとつくづく思いました。(2年 S・A)


稲村岩の下り


ブナ林の急登



鷹ノ巣山にて



日陰名栗山からの富士山


日陰名栗山にて


七ツ石山も近い