ハイキング

ハイキング

ハイキング部 2月登山


2018地図読みハード登山


大展望の毘沙門山
-2018地図読み登山2-

日付
2019年2月17日(日)

山域

西秩父 毘沙門山(白石山)

アプローチ(西武秩父基点)

往路  西武秩父(7:00)=(西武バス 470円)=(7:35)小鹿野役場(7:40)
    =(西武バス 430円)=(7:49)要トンネル(8:21)
復路  要トンネル(13:01)=(西武バス 430円)=(13:33)小鹿野役場(13:34)=
    (西武バス 470円)=(14:15)西武秩父

ルート

 要トンネルバス停(8:14)-新榛名線154号鉄塔(8:59-9:09)-
 -980メートル圏ピーク東コル(10:39-11:04)-毘沙門山(11:15-11:25)
 -要トンネルバス停(13:04)
  

山行内容

 積雪がほとんどない冬なので、秩父の里山も歩きやすい状態です。
 今回は小鹿野町の毘沙門山(地形図には白石山と記載)に行きました。
 要トンネルバス停から送電鉄塔巡視路を利用して尾根に登り、薄い踏みあとをたどりつつ、壁のような急登を経て主稜線へ至りました。
 毘沙門山直下は岩場ですが、三点支持を守ってよじ登れば、遮るもののない大展望を得ることができました。
 帰りは、地図とコンパスを使って全く道のない急な尾根と小沢を歩いてバス停まで戻りました。

部員の感想

 今回は風がビュウビュウ吹いていて、寒い中で登山しましたが、展望が素晴らしく、達成感がありました。
 また、全員が怪我をせずに登り切ることが出来ました。(2年 K・M)
 


壊れた橋


激坂1



激坂2



毘沙門山にて


気の抜けない下り


ようやく林道に出た


ハイキング部 地図読み登山


2018地図読み登山


里山で地図を読む
-2018地図読み登山-

日付
2019年1月20日(日)

山域

秩父 品刕・文殊峠・大日峠

アプローチ(西武秩父基点)

往路  御花畑(6:37)=(秩父線 310円)=(6:50)武州日野
復路  小鹿野警察署(14:34)=(西武バス 470円)=(15:15)西武秩父

ルート


  武州日野駅(7:07)-41号鉄塔(7:42-7:52)-大天狗石碑(8:48-8:55)
  -品刕(10:07-10:15)-文殊峠(10:44-11:16)-303号鉄塔(11:47-11:55)
  -札所32番法性寺(13:13-13:20)-小鹿野警察署前バス停(14:19)


山行内容

 昨年に引き続き、品刕山地へで地図読みの練習に行きました。
 道標がほとんどない山域なので、地形図で現在地を把握することは不可欠です。
 さらに地形を見ながら行くべきルートを探り、間違えたらもとへ戻るという動作を学びます。
 積雪はまったくなく、落ち葉の中を登降していきました。
 303号鉄塔からの下りで尾根を二本間違えて、少々タイムロスしましたが、修正して32番へ。
 観音堂の建物や風化した岩壁に感心しました。
 ほぼ予定通りに、バス停に着くことができました。

部員の感想

 体力よりも、思考・判断が求められる登山でした。何度も道を間違えてしまいましたが、その分、学びが多かったです。(1年 S・H)
 


照葉樹が多い


両神山を望みながら



文殊峠にて



文殊峠にて


お船岩下の石窟


32番寺にて


ハイキング部 初冬登山


2018初冬登山


小春日和の観音山
-2018初冬登山-

日付
2018年11月25日(日)

山域

西秩父 観音山 日尾城址

アプローチ(西武秩父基点)

往路  西武秩父(7:00)=(西武バス 470円)=(7:35)小鹿野役場(7:40)
    =(西武バス 180円)=(7:49)栗尾(8:21)
復路  馬上(13:01)=(西武バス 400円)=(13:33)小鹿野役場(13:34)=
    (西武バス 470円)=(14:15)西武秩父

ルート

 栗尾バス停(8:21)--仁王門(8:56-9:07)-
 -観音院(9:13-9:23)-観音山(10:01-10:31)
 -日尾城址(11:01-11:11)-馬上バス停(11:45)
  ルート地図

山行内容

 今年の初冬登山は、小鹿野町の観音山に行きました。
 久しぶりに快晴の登山でした。
 今回は、札所31番観音院や日尾城址など、不思議な風景や秩父の歴史に触れる登山でしたが、紅葉も残っていて、爽やかな登山ができました。

部員の感想

 今回は新部員も参加した登山でしたが、天候に恵まれ、誰一人怪我なく登りきりました。次はみんなでもう少し高い山にトライしたいです。(2年 K・M)
 


仁王門


紅葉の尾根



観音山にて



観音の見守る道


牛首峠


もうすぐ馬上


ハイキング部 秋山合宿


2018秋山合宿


紅葉の武甲山
-2018秋山合宿-

日付
2018年10月27日(土)から28日(日)

山域

奥武蔵 子ノ権現 武甲山

アプローチ(西武秩父基点)

往路  西武秩父(5:33)=(西武線 270円)=(5:57)吾野
復路  浦山口(14:00)=(秩父線 240円)=(14:16)御花畑

ルート

 10/27 吾野(6:08)-降魔橋(7:12-7:21)-子ノ権現(7:50-8:06)
    -天目指峠(8:54-9:06)-高畑山(9:56-10:09)-名郷(11:17-11:35)
    -白岩渓流園(12:12) 設営
 10/28 白岩渓流園(5:29)-鳥首峠(6:55-7:05)-ウノタワ(7:55-8:05)
    -大持山(8:56-9:05)-小持山(9:49-9:54)-シラジクボのタワ(10:29-10:34)
    -武甲山(11:15-11:39)-シラジクボ分岐(12:06-12:15)-スゲ沢出合(13:02-13:09)
    -浦山口駅(14:00)

  ルート地図(マウスホイールで拡大・縮小)

山行内容

 秋山合宿は、校歌にも歌われている地元の武甲山に行きました。
 スタートは雨でしたが、すぐにやんだものの、曇りがちな天気でした。この日は、一人の登山者にも会いませんでした。
 白岩渓流園で幕営しましたが、夜はさほど冷えませんでした。
 二日目は鳥首峠から尾根歩きとなり、小さな登り下りを繰り返しながら高度を上げていきました。
 陽も射して暖かく、雑木の尾根はきれいに紅葉していました。
 武甲山はあいかわらず、おおぜいの登山者で賑わっていました。
 浦山口駅まで歩き、地元の低山を存分に味わいつつ、縦走を終えました。

部員の感想

 地元の山でしたが、なかなか長いコースで堪えました。
 武甲山から見下ろす秩父の町並みは、とても小さく見えました。
 また登ってみても良いかなと思います。(1年 S・H)
 


子ノ権現


トマト鍋



紅葉の稜線



紅葉の稜線


御岳神社


もうすぐ浦山口


ハイキング部 初秋登山


2018初秋合宿


初秋の大菩薩峠
-2018初秋登山-

日付
2018年9月23日(日)

山域

大菩薩連嶺 大菩薩峠

アプローチ(西武秩父基点)

往路  西武秩父(5:02)=(西武線 410円)=(5:44)東飯能(5:50)=(JR線 1940円)
    =(6:24)八王子(6:35)=(7:49)甲斐大和(8:10)
    =(栄和交通バス 1000円)=(8:55)上日川峠
復路  上日川峠(14:00)=(栄和交通バス 1000円)=(14:45)甲斐大和(15:30)=
    (JR線 1940円)=(16:30)高尾(16:36)=(16:42)八王子(16:48)
    =(17:21)東飯能(17:33)=(西武線 410円)=(18:24)西武秩父

ルート

 上日川峠(9:05)-雷岩(10:27-10:40)-
 上大菩薩峠(11:25-11:35)-小屋平(13:00-13:09)
 -上日川峠(13:52)
  ルート地図

山行内容

 初秋合宿は、大菩薩峠に行きました。
 曇りがちでしたが、まずまずよい天気に恵まれました。
 甲斐大和駅や上日川峠は登山者で大混雑でした。
 大菩薩峠を過ぎるとようやく、静かな山歩きを楽しむことができました。
 初秋の大菩薩峠といえば、かつては美しい御花畑でしたが、花はほとんど咲いておらず、展望のよい笹原になっていました。
 裂石まで歩く計画でしたが、やや遅くなったので、上日川峠からバスに乗りました。

部員の感想

 太陽は気まぐれでしたが、風がとても気持ち良く、楽しい山行でした。かわいいキノコが生えていて、目にも良く、山道もきちんと整備されていて、歩きやすかったです。
 初心者の方も楽しめると思います。是非挑戦してみてはいかがでしょうか ! (1年 Y・A)
 


最初の登り


展望の稜線



大菩薩峠にて



石丸峠


笹原を行く


もうすぐ上日川峠